Astechno の hikokiphoto

飛行機写真を主に旅行関連の情報などを掲載しています。

台湾旅行🧳で便利なもの🪪📱 <宣伝あり>

 

海外という異なる環境で少しでも日本にいる時と同じ利便性を享受したいが、最近では様々な
サービスを提供するソースがあるので大変助かる。

今回の台湾旅行で役に立ったアイテムを少し紹介しておこう。すでに知っている方も多いものだが改めてその利便性を記す。

 

●通信手段以外に多くの機能がある携帯電話

とりわけ今のご時世、生活に不可欠となっている携帯電話、スマートフォン。 これがあれば急に翻訳が必要になったり、地図アプリで場所の確認配車アプリでタクシーを呼ぶことができる。 もちろん決済アプリ(Apple Pay, Googlepay)も全てではないものの利用可能なところも多かったので現金が手元になくても安心。 

 

ひと昔前だと、日本の携帯電話はローミング可能なものの、通信費がやたら高額になるので
現地で使える電話機をSIMカード付で借たり、加えてデータ用にポケットWIFIの機器を空港でレンタルするなどかなり面倒で費用もかかっていた。

 

最近はSIMフリーの電話機が普通になったおかげで、少なくとも現地のSIMさえ入手できれば通信費用、データパケット料は上限はあれど費用は抑えることができるようになった。 そのSIMの入手についても事前に日本にいるときにプランを選んで出発前に購入しておけば、現地空港到着後に電話会社のカウンターで受取れるので、言葉に自身が無い人でもプレッシャーが少ないのではないだろうか。物理SIMが良い点はテザリングが使えるのでPCやタブレットを外で併用する人にはお勧めできる。<下のバナーからアクセスして購入できる>

 

 

加えてここ数年で発売されているスマートフォンには物理SIMだけでなく、eSIMが併用できるようになり現在使用するSIMを抜差しせず、複数の番号をもてるので相当に利便性が向上している。こちらも上記のKkdayさんのプランの中にeSIMも選択できるので、携帯2台あればいずれかを物理SIM、片方をeSIMで使えばかなり安心。一番大きいのは通信費、パケット料金そのものが安くなっているので、費用を気にせず日本にいる時と同じ感覚でスマートフォンが使える点だろう。

 

 

●市内交通網の利用には。

台北市内最大のターミナル台北駅(空港MRT乗り場周辺)


現状日本では交通系ICとしてSuica(JR東)、ICOCA(JR西)が代表的なもので主要都市の鉄道、バス、地下鉄の他コンビニやレストラン等々での支払いにも利用できる。
これと同様のものは台湾でも既に流通しており、交通系はシームレスに使用することができるので、短期間の滞在でも市内の交通機関を度々利用するなら入手しておいた方がよい。 特に複数回訪問する可能性の高い人には必須アイテム。

 

悠遊カードはAmazonでも簡単に購入可能。チャージは駅やコンビニで簡単にできる。

 

 

台北市内はMRTがすごく便利だが、仮にタクシーを利用する場合でも市内なら流しのタクシーもあり比較的便利だが、やはり言葉に自信がない人や、ぼったくりを懸念するならUberを利用するのがお勧め。地図上で行き先を指定すれば乗り込んでから説明する必要がないのと、その時点で料金が確定するので余計な心配が不要。料金はやや高めな感じもあるが複数人だと気にならないだろう。利用履歴が残るのは後々何かと便利。

 

円安の昨今、航空券が以前よりも落ち着いたものの世界的には物価が上昇していることもあり日本人の海外での出費はかなり厳しい状況。その点台湾なら色々楽しみもあり、食事も美味しいし、日本の環境とあまり変わらない安心できる旅先と言える。異国感を求める人には物足りないかもしれないが、今年中にまた行きたいと考えている。

桃園国際空港出発ロビー 人で溢れていることは少ない