Astechno の hikokiphoto

飛行機写真を主に旅行関連の情報などを掲載しています。

帰って来たトリプルセブン!

絶好の行楽日和に恵まれた週末、日中の気温はまだ30℃越えとあって残暑厳しい10月入りとなった。いつもの千里川土手には大勢の見物人とカメラマンが訪れていた。最近は便数もほぼコロナ禍以前の状況に戻り、大型機であるB777もエンジントラブルで運行停止となっていたがようやく現場復帰となり、撮影も楽しさが戻ってきた。

迫力のあるトリプルセブンの着陸

久しぶりに捉えたB777−200ERのタッチダウン

現在、この伊丹空港を離発着する中型機、大型機はB777−300、−200ER、B767−300ER、B787−8、−9、および A350-900といったところで、羽田便、那覇便、新千歳便に主に使用されている。今後航空需要が回復して利用客が増えることは考えられるが、大型機がどれだけ活躍できるかどうかは難しいところ。ただ、離発着回数に制限のある伊丹空港にとってはできるだけ少ない便数で多くの旅客を輸送するということで、特に人気のある那覇便や需要の多い羽田便には今後も大型機の活躍が期待できそう。

このショットも久しぶり。

PW 4000のエンジンは練炭を観れるが。。

B777−200ERと300のエンジンは離陸時にエンジンが一瞬赤くなることで写真マニアからは煉炭と呼ばれこの一瞬狙いで夕方カメラを構える人が多い。 今日はあいにく練炭は捉えられたが肝心のピントが合わず唯一ピントが合ったショットには煉炭は消えていた。

 

半月の下をくぐるJALB787−8

この日は丁度月がいい高さに登ってくれて、いわゆる月ドン写真のチャンスが多かった。とはいえ月に絡むことができるのは僅か。